ホーム  お知らせ  洋裁教室について  レッスンご予約一覧  手島美千子のビジネス塾  アクセス  ネットショップ  ブログ(私の日常)  ツイッター  マスク販売

    Article

            

    “自分で取ることを教えてあげる!” だから、誰でもやりやすい!

    2020/ 03/ 07
                     

    “自分で取ることを教えてあげる!” だから、誰でもやりやすい!

    前回、その頃の私の悩みは、売れないことではなくて、売れ過ぎることだったんです。の続き

    そして、会社のスタッフに、相談をしたのです。

    「私は、この製品が好きだし、この仕事をやっていきたいし、可能性も十分にあって成功できると思うのです。だけど、お金が回せません。どうしたらいいですか?」と。

    すると、
    会社のスタッフは、
    「それでは、出来ませんね。」と言われました。


    「そんなあ~」



    どういう意味だかおわかりですか?

    私のつぶやき。
    結局、資金をたくさん回せる人が、成功できるんじゃないの?
    私みたいにやる気があって、現実に、こんなに売れているのに、仕事を大きく出来ないなんて・・・
    一瞬ですが、そう思った時がありました。

    しかし、次に出た会社のスタッフの言葉を今でもはっきりと覚えています。

    「(カッコつけずに)『回すお金がないので、注文が出来ない』と言ってください」と言われました。
    そして、
    「会員の方には、自分で取る注文の仕方を教えてあげてください」と言われました。

    そうなんです。私は、あまりにも、化粧品屋さんになりすぎていたんです。
    会員同士は、対等なはずなのに、私は化粧品屋さんをしてあげていたのです。
    全員の分を一手に引き受けて注文して、回していたのですから、ビジネスの規模が大きくなれば、やっていけないことは目に見えています。

    それからは、会社のスタッフの言われた通り、多くの注文をされる方から、順番に、自分で取れることと、その取り方を教えてあげました。


    これまでは、
    私の個人発注額×回数=実績


    今後は、
    各会員の自発的な発注額×その人数+私の個人発注額の合計=実績

    実績としては、まったく同じ結果ですが、
    方法は、まったく違います。
    この違いがおわかりいただけますか?

    “収入が入り続けるような仕事!”をどう思いますか? で、

    “しくみ”“稼働”しているからこそ、“成果”が見込めるわけです。
    その場合、“しくみ”を保有する人と“稼働“させる人(働く人)が、別の人だからこそ、そうなるのです。

    と、書いていますが、まさに、“しくみ”が自分で取る、ということであり、“稼働”が各人の自発的な発注であり、“成果”が実績ということになります。
    もちろん、自発的な発注につながるような商品力が前提になりますが。

    これが、愛用者のネットワークで仕事をするということなんです。
    同じ実績が出せるのなら、やりやすい方がいいと思いませんか?
    私がやりやすいことは、同じ仕事をする人も同じようにやりやすいのだから、再現性や発展性がありますよね。
    もちろん、やり易くするというのは、しくみを作ることの最大の理由ですから。



    🔐パスワード付き限定公開記事にて、詳細がご覧になれます。

    パスワードは、teshimamichiko@yahoo.co.jpか、
    このメールフォームをご利用下さい。無料です。


    私に会いに来て下さい。
    手島美千子

    LINE
    20200215151913980.jpeg

    メール ateliermichi@yahoo.co.jp
    携帯 090-1088-2609
    まで、お願いします。

    にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
    にほんブログ村 ←スマホ、タブレット用
    関連記事
    スポンサーサイト



                             
                                      

    コメント