ホーム  お知らせ  洋裁教室について  レッスンご予約一覧  手島美千子のビジネス塾  アクセス  ネットショップ(マスク他)  ブログ(私の日常)  ツイッター 

    Article

            

    その頃の私の悩みは、売れないことではなくて、売れ過ぎることだったんです。

    2020/ 03/ 06
                     

    その頃の私の悩みは、売れないことではなくて、売れ過ぎることだったんです。

    この仕事を始めて、すぐに、部屋の片隅に、組み立て3段BOXを置きました。
    そこに、パンフレットと少量の在庫を飾って、十分に化粧品屋さんになりきった気分でした。

    在庫と言っても、1~2万円分。

    電話が鳴れば、それは、間違いなく、化粧品の注文でした。
    以前は、会員でも、自分で会社に発注することができなくて、発注資格のある会員のみが、発注をかけられていたんです。

    ほとんどの人が、私の在庫棚にある商品以上、そして、在庫以外の注文をしてくださいました。(笑)
    「ありがとうございます。いついつ届きますから、いつ、お持ちします。」と言って、電話を切ります。


    ところが・・・



    さぁて、大変!




    何が、大変だかわかりますか?



    その頃の私の悩みは、売れないことではなくて、
    売れ過ぎることだったんです!



    みなさん、「少しの注文では悪い」と思われていたのか知りませんが、とにかく、お一人につき、3万円以上の注文が入ります。嬉しいんですよ。
    しかも、連続で。

    そして、その頃の私は、毎日、3万円位の注文を、会社に入れるのが日課でした。

    毎日注文をして、毎日、宅配便が届き、毎日それを納品して、または、取りに来てもらって、あっという間に、1日が過ぎて行きました。

    そうこうしているうちに、上記の大変な問題が、もっと大変になったんです。


    そうです。資金が回らない!


    そもそも、この仕事に、私は、10万円位しか回していなかったのです。
    3万円の発注をしても、届くのは、2日後。その代金回収ができるのが、さらに2~3日後になります。
    あるとき、5万円位の注文をしてくださってた方が、さらに、追加の注文をされてきました。嬉しいことですよ。
    だけど、その追加の在庫を持っていませんでした。お客様は、「一緒でいいよ」と言ってくださいますが、それまで、5万円の回収ができませんし、回収したお金で次の注文をしようと思っていたのも出来ません。
    私は、ハタと困りました。

    しかし、こんなことが続いていても、私は、毎月実績をあげていき、結構、収入を取れるほどになっていきました。


    🔐パスワード付き限定公開記事にて、詳細がご覧になれます。

    パスワードは、teshimamichiko@yahoo.co.jpか、
    このメールフォームをご利用下さい。無料です。

    私に会いに来て下さい。
    手島美千子

    LINE
    20200215151913980.jpeg

    メール ateliermichi@yahoo.co.jp
    携帯 090-1088-2609
    まで、お願いします。

    にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
    にほんブログ村 ←スマホ、タブレット用
    関連記事
    スポンサーサイト



                             
                                      

    コメント