ホーム  お知らせ  洋裁教室について  レッスンご予約一覧  起業・ビジネス・考え方  アクセス  ネットショップ  ツイッター

    Article

            

    小さい収入を望むことは、「私は、小さい努力しか致しません。」と、宣言しているようなもの

    2020/ 03/ 01
                     

    小さい収入を望むことは、「私は、小さい努力しか致しません。」と、宣言しているようなもの
    (主婦の働き方 ≠ パート)

     主婦にとって、パートの収入が、ゆとりのある生活を生み出していた時代は、昔々のお話しです。その頃は、ほどよく社会参加し、そこそこの生き甲斐を感じていた主婦たちも、大勢いたことでしょう。
     ところが、今は、どうでしょう?ゆとりどころか、家計に不可欠の収入となり、中には、リストラにあった夫に代わって家計を支えているという話も少なくありません。さらには、掛け持ちで働いている人も大勢いることでしょう。労働時間だけで言えば、正社員以上に働いている人もいるのです。

     さらに、主婦の意識も変わってきたのではないでしょうか?
     以前の、都合よく短時間働いて、そこそこの収入を得たいという人たちより、しっかり長時間働いて、責任ある仕事につき、それに見合った収入を得たいという人たちが増えてきたようです。
    少なくとも私自身は、後者のタイプです。

     もちろん、人それぞれの事情があることですから、その人の人生設計に合った働き方が、選べるのが、一番良いのでしょう。 

     けれども、

     問題は、いざ、きちんと働き、高収入を得たいと望む時に、それに応えられる職場が、ほとんど無いことです。ですから、能力や、やる気のある人たちも、とりあえずパートに就き、そこからステップアップを目指そうとするのですが・・・悲しいかな、そのパートすら、見つからないという現状もあるのです。

     そんな中、先輩主婦たちは、それぞれに、パート以外の仕事を見つけた人もいました。
     お茶やお花の先生、保険や化粧品のセールス、パソコンや学習塾の先生、自宅でエステやネイルサロンの経営。

     それらを始める為の資格取得の為の学校ビジネスも、大流行りです。資格を取ったからといって、すぐに生徒さんが集まるわけでもなく、掛けた費用の割には、元を取っている人は、どれほどいるのでしょう?(余談ですが、営業力が必要なことに、その時、気づくんですね)

     でも、皆さん!
    だからといって、自分の価値や可能性を小さく見積もるのは、辞めてくださいね。
    それを謙虚とは言いません!
    小さい収入を望むことは、「私は、小さい努力しか致しません。」と、宣言しているようなものと私は思います。

    だから、特に報酬面に関しては、
    わがまま、いっぱい、
    言ってください!

     遠慮しないで、自分のやりたいことや収入の希望額を、自分で決めてください!
     もしも、わがまま、いっぱいが、言えないのは、お給料を他人様から貰うからです。だから、他人様が決めた労働条件や賃金に自分が合わせなければならなくなるのです。
     もう、おわかりですよね。
    起業をすれば、すべて、
    自分で決められます!

    もちろん、それは、容易なことではないかもしれません。でも、自分で起業し、収入を作りだすという手があることにもっと着目しても損はないと思います。

     私の携わるビジネスは、今から三十年くらい前、創業者、○○氏の思いやりのある理念によって、作られました。○○氏は、「将来、自分で起業するというライフスタイルを望む人々が増えていくだろう」と予見し、私たち、一般人に、ノーリスクで、資金やノウハウがなくても、『やる気』さえあれば始められる仕事として、世の中に送り出しました。

    では!




    🔐パスワード付き限定公開記事にて、詳細がご覧になれます。

    パスワードは、teshimamichiko@yahoo.co.jpか、
    このメールフォームをご利用下さい。無料です。


    私に会いに来て下さい。
    手島美千子

    LINE
    20200215151913980.jpeg

    メール ateliermichi@yahoo.co.jp
    携帯 090-1088-2609
    まで、お願いします。

    にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
    にほんブログ村 ←スマホ、タブレット用

    関連記事
    スポンサーサイト



                             
                                      

    コメント