ホーム  お知らせ  洋裁教室について  レッスンご予約一覧  手島美千子のビジネス塾  アクセス  ネットショップ(マスク他)  ブログ(私の日常)  ツイッター 

    Article

            

    (本物の)ネットワーク ビジネスは、ドラッカーを超える!

    2020/ 02/ 20
                     

    2014年2月の過去記事より




    ネットワーク ビジネスとドラッカー

    不覚にも、この二つが同じことを目指しているなんて、気がついていませんでした。
    もしかして、気づいたのは、私だけ?

    経営コンサルタント、ドラッカー先生の有名な言葉で、経営で大事なこととして、「顧客の創造」というのがあります。

    つまり、『お得意様を常に新しく作り続ける』ということです。

    それくらい、経営において、お客様作りである、市場を作ることは、重要な仕事であり、反面、難しい仕事だと言えます。

    つまり、
    ビジネスって、市場作りであり、シェア争いなんです。
    それは、多くの人が勘違いをしている、「ものづくり」でも、ないんです。

    『買いたがる人たちが、自然に増え続ける仕組みを作ること』こそが、経営なのです。

    想像してみてください。

    ここでは、買いたがる人たちを、『お客様』とします。
    あなたに、お客様が、居れば居るほど、商品が売れていきます。
    あなたが、違うカテゴリーの商品を販売すれば、同じお客様が、さらに違う商品を購入されます。
    これは、何を意味するかといえば、お客様を持っていれば、販売は、案外、簡単だということです。

    ネットワーク ビジネスの基本活動は、買いたがっている人たちという意味での「お客様」作りです。
    ですから、それは、いま、あなたが思っている、お客様作りのプロセスと全く違います。

    それは、売るより先に『市場を作る=お客様を増やす』ことなのです。
    商品を売ってお客様を作るのではなく、あなたのお客様になりたいという人を作って、その人たちに向けて商品を売るということです。

    この大きな違いがわかりますか?
    ネットワーク ビジネスで、高収入が取れるのも、たくさんお客様作りに成功したからに過ぎません。
    それは、一般の商店でも同じことです。

    しかも、ネットワーク ビジネスが有利な点は、その大事なお客様を、お客様自身が連れて来てくれることです。

    なんと、素晴らしいことでしょう。
    あなたのお店は、お客様でいっぱいになることでしょう。

    さて、ここで、お客様という言葉を、『会員』という言葉に置き換えて考えてみてください。

    まとめると、
    買いたがる人たちが、買いたがる人たちを、自然に連れて来れるような仕組みを作って、それを、組織化し、そこに欲しがる商品を流せば、自然に商品が流通する。
    その結果として、流通量に貢献した度合いに応じて、公平に報酬を支払うシステム。
    それが、正しいネットワーク ビジネスの考え方です。

    これぞ、ドラッカー。
    顧客の創造。

    ネットワーク ビジネスで、成功してる人は、
    買いたがる人たちの集団、しかも、自己増殖する集団を作って、そこに、欲しがる商品を流通させています。
    成功していない人は、ただ、商品を売りたがっているだけです。

    ※ドラッカー先生との比較は、あくまでも私流の解釈です。

    では!


    🔐パスワード付き限定公開記事にて、詳細がご覧になれます。

    パスワードは、teshimamichiko@yahoo.co.jpか、
    このメールフォームをご利用下さい。無料です。

    私に会いに来て下さい。
    手島美千子




    LINE
    20200215151913980.jpeg

    メール ateliermichi@yahoo.co.jp
    携帯 090-1088-2609
    まで、お願いします。

    にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
    にほんブログ村 ←スマホ、タブレット用
    関連記事
    スポンサーサイト



                             
                                      

    コメント