Article

        

『装ひ堂式』ブックカバーとは?

2018/ 06/ 28
                 


本の装ひ堂のブックカバーは、全てに、「装ひ堂式」を搭載しています。

装ひ堂式とは、バッグの中でグチャグチャにならない様に、赤ちゃんのお包みみたいに本を優しく包む機能です。読んでいる時は、普通のブックカバーなのに、携帯する時は、保護をする機能を備えています。
装ひ堂式は、ただ今、意匠登録出願中です。

将来的には、この機能を備えたブックカバーが、当たり前になる日を夢見て、九州の小さな町から、全国の皆様にお届けしたいと思います。

そして、なんと、5月には、東京の神保町いちのいちさんにて、関東と名古屋デビューを果たし、大変に好評を博しました。お買い上げいただいたお客様、お立ち寄りいただいたお客様、本当にありがとうございました。
また、6/25-7/12は、同じく、三省堂書店神保町本店 正面入口横エレベーター前にて、ブースをいただいております。 是非ともお立ち寄りくださいませ。

新作は、インスタグラム、ツイッターにて、順次ご紹介しています。#本の装ひ堂で検索をお願いします。

また、本の装ひ堂では、代理店も募集しております。
詳しくは、090-1088-2609まで、お問い合わせ下さい。

20180628092228399.jpeg

2018062809225258e.jpeg

2018062809241930e.jpeg

2018062809241523f.jpeg
今回のブースは、正面の真ん中あたりの棚置きになります。
関連記事