Article

        

裏地のしるし付けの簡単な方法

2014/ 06/ 16
                 
裏地の印の付け方です。

裏地は、きちんとアイロンを掛けて、布目を通しておくこと。
歪みは、耳を揃えれば、OKです。
2つ折りにして、立ち上がって、重力の力を借りて、並行に持っていきます。

印は、下に広い段ボールを敷いて、重しを乗っけて、目打ちで付けています。
重しは、本などでも構いません。
この方法が、一番簡単です。

ルーレットで印をつける場合は、クルクルと動かすのではなく、要所要所ちょっとづつ付けていきます。

コツは、アイロンを掛けると消えやすいので、手早く縫い上げることですね。

最強のコツは、広めの段ボールを用意することです。
家電品が入っていた段ボールなどです。
小回りの効く小さめのもあれば、重宝します。

20140616033206202.jpg

個人的には、テーブルと同じくらいの広さの段ボールが、欲しいです。
(どこにしまうの?)

※段ボールと目打ちの方法は、あまりやっている人を知りません。
本にも載っていないし、何故なんだろう?
私は、専門学校で習ったような気がするけど。

では、

お役に立ったら、↓お願いします。
現在、第2位です。ありがとうございます。
にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
にほんブログ村




◆鳥栖洋裁教室サイトへ
◆ショップサイトへ
http://greenteasalon.blog59.fc2.com/ です。">
◆このブログをシェア! 

◆緑茶も愛用!スキンケアトライアル!【送料無料】(税込1296円)(PC、スマホ、タブレットのみ)
◆緑茶のもう一つのブログ
◆緑茶へメールを送る

シェアをお願いします。
関連記事