Article

        

割烹着の作り方(1)【準備】

2013/ 05/ 10
                 
さあ、一緒に割烹着を作りましょう。

image_20130510180910.jpg
※写真をクリックしていただくと、拡大します。
マネキンは、身長162cmです。


image_20130510164442.jpg

【準備するもの】
■生地
中厚の木綿などで、110cm幅230cmほどご用意ください。
最近は、あまり見かけなくなった90cm幅だと、350cmほど必要になります。
初心者は、格子や柄合わせが必要なものは避けた方が良いと思います。
■糸
シャッペスパンミシン糸がオススメです。
普通地用 #60
しつけ糸
■ゴム
8コール(約6mm幅)で22cmにカットしたものを2本。
ソフトタイプがオススメです。

image_20130510170425.jpg


■型紙
よろしければ、ご注文ください。
和装用 ロング割烹着の型紙ご注文サイト

image_20130607161650.jpg


ご使用になったサリーママさんのブログ記事

■他に、洋裁道具一式
しつけ糸は、切りじつけで使います。
(写真準備中)

【準備】
生地の地直しをします。
木綿の場合は、一晩、水に浸けて、生乾きの状態で裏からアイロンを掛けて整えます。
化繊の場合は、裏から軽くアイロンを掛けるだけで良いと思います。

次に、ツリを防ぐために、両端から1cmくらいを切り取るか、1cm間隔くらいで刻みを入れます。

image_20130413123800.jpg
↑このように切り取ります。

image_20130510171812.jpg
↑こうなります。


(1)【準備】 (2)【型紙】 (3)【裁断】 (4)【印つけ】 (5)【紐作り】 (6)【ポケット】 (7)【袖】 (8)【身ごろ】 (9)【衿】 (10)【肩の縫い合わせ】 (11)【袖付け〜仕上げ】

↓ご協力お願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 手作り服へ
にほんブログ村
関連記事