「割烹着の作り方(全11回)」の記事

割烹着の作り方(目次)

2013/09/11         

さあ、一緒に割烹着を作りましょう!割烹着の作り方(1)【準備】割烹着の作り方(2)【型紙】割烹着の作り方(3)【裁断】割烹着の作り方(4)【印つけ】割烹着の作り方(5)【紐作り】割烹着の作り方(6)【ポケット】割烹着の作り方(7)【袖】割烹着の作り方(8)【身ごろ】割烹着の作り方(9)【衿】割烹着の作り方(10)【肩の縫い合わせ】割烹着の作り方(11)【袖付け〜仕上げ】■型紙ダウンロードテスト■型紙(ダウンロー...

割烹着の作り方(11)【袖付け〜仕上げ】

2013/08/22         

【袖付け〜仕上げ】(写真準備中)身ごろと袖を中表にしてミシンをかけます。1cmに切りそろえ、ロックミシンをかけて仕上げます。最後に、アイロンを掛けて、仕上げます。(1)【準備】 (2)【型紙】 (3)【裁断】 (4)【印つけ】 (5)【紐作り】 (6)【ポケット】 (7)【袖】 (8)【身ごろ】 (9)【衿】 (10)【肩の縫い合わせ】 (11)【袖付け〜仕上げ】ご協力お願いします。にほんブログ村...

割烹着の作り方(10)【肩の縫い合わせ】

2013/08/22         

【肩の縫い合わせ】前身頃と後ろ身頃、それに、肩の見返し(肩当て)も、一緒に縫って行きます。※この時点では、袖あきを切っていないので、一直線に切り込みを入れます。↑裏から撮りました。拡大してご覧ください。まず、身ごろだけを、中表にして、待ち針を打ちます。次に、見返しを重ね、ミシンをかけます。ひっくり返して、整え、写真のように、ミシンをかけます。(1)【準備】 (2)【型紙】 (3)【裁断】 (4)【印つけ】 ...

割烹着の作り方(9)【衿】

2013/08/22         

【衿】拡大してご覧ください。身ごろを裏にして、その上に、衿見返しを裏にして載せ、待ち針で留めます。中心を合わせると、うまく行きます。表側から、印通りにミシンをかけます。8mmくらいに切り落とし、切り込みを入れます。見返し幅は、3cmに整え、端ミシンを両端に掛けます。(1)【準備】 (2)【型紙】 (3)【裁断】 (4)【印つけ】 (5)【紐作り】 (6)【ポケット】 (7)【袖】 (8)【身ごろ】 (9)【衿】 (10)【...

割烹着の作り方(8)【身ごろ】

2013/08/22         

【身ごろ】後ろ身ごろの端しは、1cmに仕上げ、端ミシンをかけます。この時、紐を挟み込みます。↑下の紐を挟んだところです。↑上の紐を挟むところは、厚くなるので、少しカットします。↑上の紐を挟みます。この時、向きにご注意ください。端ミシンを掛けます。↑下の紐だけは、このように折り返して、表側から、押さえミシンを掛けます。※上記4枚の写真は、すべて、右側が、上になります。裾は、1.5cmに仕上げ、端ミシンをかけます...

割烹着の作り方(7)【袖】

2013/08/22         

【袖】袖を2枚作ります。袖底を中表にして縫い合わせ、端にロックミシンを掛けます。袖口部分は、ゴム通しのため、1cmほど、開けておきます。切り込みを入れて、開きます。袖口は、1.5cmに仕上げます。ゴムを通す前の状態です。ゴム22cmを2本準備してください。よれないように、印をつけておくといいでしょう。ゴムを2cmの重なりで、縫い合わせます。ゴム通し終了(1)【準備】 (2)【型紙】 (3)【裁断】 (4)【印つけ】 (5...

割烹着の作り方(6)【ポケット】

2013/08/22         

【ポケット】ポケット(1枚)を作って、前身ごろ(右側)に縫い付けます。まず、ロックミシンを、上部以外にかけます。次に、上部は、3cmの仕上がりで、端ミシンをかけます。最後に、アイロンをかけておきます。2cm×2cmの力布を2枚作ります。ポケットを付けるところの裏側の上の部分に、薄い糊で仮り押さえをして、アイロンをかけます。右の表側に、ポケットを縫い付けます。とっても見えにくいので、拡大してご覧くださいね。(1...

割烹着の作り方(5)【紐作り】

2013/08/22         

【紐作り】1.5cm×30cmくらいの紐を4本作ります。アイロンで、3cm幅になるように折り込みます。片方の端だけ、1cm折り込みアイロンをかけておきます。端は、このように仕上げ、ミシンをかけます。端ミシンをかける時、このように、糸を切らずに、繋げてミシンをかけて、後で糸を切った方が上手にできます。ちなみに、もう片方は、切りっぱなしでOKです。(1)【準備】 (2)【型紙】 (3)【裁断】 (4)【印つけ】 (5)【紐作り...

割烹着の作り方(4)【印付け】

2013/08/22         

【印付け】切り躾で、印を付けます。しつけ糸を二重にして、間隔は、5〜10cmくらいで、輪郭に沿って縫って行きます。角は、十字にします。ポケットや袖ぐりの部分は、紙の上から縫って結構です。縫い目と縫い目の間を、切って行きます。次に、ハサミの先を使って、中の糸を切って行きます。このようになります。次に、上の余分な糸をカットします。軽く叩いておくと、抜け落ちるのを防ぐことができます。※えり見返しと、紐は、...

割烹着の作り方(3)【裁断】

2013/06/08         

【裁断】配置例です。生地を中表に半分におり、輪を手前にします。写真のように、型紙を配置します。ポケットは、1枚です。紐は、4本です。紐の長さは、体型により、3〜5cmほど長くしてください。縫い代を付けて、切って行きます。②は、縫い代2cmということです。見頃です。あえて、襟ぐりは、残しています。袖です。袖口側の折り返しは、写真のように裁ってください。ポケット(1枚)後ろ見返し(2枚)襟見返し(1枚)前中心は、...

割烹着の作り方(2)【型紙】

2013/06/07         

【型紙】折りジワを裏から低音でアイロンを掛けて伸ばしてください。線に沿って切り取ります。着丈は、110cm、120cm、130cmから、お選びください。型紙には、縫い代は含まれていません。②は、縫いしろ2cmという意味です。矢印は、布目の縦方向に並行に裁ちます。袖ぐりとポケットの位置は、切り落とさなくて結構です。※型紙のご注文は、こちらです。実写版とダウンロード版があります。和装用 ロング割烹着の型紙ご注文サイト(1)...

割烹着の作り方(1)【準備】

2013/05/10         

さあ、一緒に割烹着を作りましょう。※写真をクリックしていただくと、拡大します。マネキンは、身長162cmです。【準備するもの】■生地中厚の木綿などで、110cm幅230cmほどご用意ください。最近は、あまり見かけなくなった90cm幅だと、350cmほど必要になります。初心者は、格子や柄合わせが必要なものは避けた方が良いと思います。■糸シャッペスパンミシン糸がオススメです。普通地用 #60しつけ糸■ゴム8コール(約6mm幅)で22cmにカ...